フローリング

コンタクトがしやすい

水道修理の依頼がしやすくなった

複数の水道修理業者をとりまとめる会社に連絡を入れると、その会社がすぐに現場に向かうことができる業者を選定して修理に来てくれる、という仕組みが普及しました。そのため、私たちは以前のような、電話帳を調べて1件ずつ連絡して来られるかどうか確認する、という作業を省くことができます。また、修理の費用も一般的なものであれば価格が標準化されているので、修理が終わったら法外な金額を請求される、などという心配をすることなく依頼することができます。今後は、こういった「水道修理業者をとりまとめる会社」が増加し、その会社間での価格競争が起こるので、私たちにとっては安い価格で修理を依頼できる可能性が高くなると予測できます。

水回りは安かろう悪かろうではいけない

しかしその一方で、あまり価格の下落が行き過ぎると、実際に作業を行う業者の収入が減ってしまいます。そうなると、手抜き工事をされたりするおそれも大きくなります。もし修理の内容で気になる点、気に入らない点があった場合には遠慮なく修理業者に伝えて、納得できるまで作業してもらうようにします。水道修理は安かろう悪かろうでは絶対にいけません。水漏れなどが発生すれば住宅の傷み具合にも多大な影響を及ぼします。後で自分で直そうとしても水回り工事はいろいろな技術や工具が必要ですから、よほど簡単な箇所でない限り水道修理業者に修理を完成させてもらわなければなりません。また、いくら価格が安くても、ずさんな修理を行う業者に作業をさせる「とりまとめ会社」には修理を依頼しないようにします。水回り関係の修理は、安さよりも安心感を求めたいところです。